親に合鍵を渡したくないんです。

もともと独立心が旺盛な子供だったようなので、幼稚園でもひとりで別の遊びを始めるタイプでした。先生や友人に干渉されるのも苦手で、なにかやる場合は自分一人でやりたいという性格でした。
中学生のころには両親の干渉がわずらわしくて仕方がなかったわたしは、大学の合格を条件についにひとり暮らしをすることに親のOKを取りつけました。

それからはもう、ただひたすらに勉強漬けの毎日です。友達の遊びの誘いも断って、彼氏にフられそうになってもなんとか頑張りぬいて、とにかく合格するための努力を重ねました。その甲斐あってか志望していた大学に一発合格できたわたしは、早速ひとり暮らしをするためのアパートを探し始めました。正直女の子がひとりで安心して住めるような設備が整っているところは、わりといい値段のするマンションでもないかぎり、そう簡単には見つかりませんでした。わたしは親からの自立が目的でしたし、親もひとり暮らしをするなら家賃は自分でなんとかしなさいという姿勢でした。ただし、敷金と礼金を含めた引っ越しの資金だけは、親が出してくれるということだったので、とにかく月々の家賃が安いところを探していたのです。

そしてそれでもなんとか及第点と呼べる設備と家賃条件を持つ物件を見つけ出し、やっとの思いで契約にこぎつけたのですが、引っ越しも一段落するころになって親からとんでもない条件を突き付けられました。それはなんと「親に合鍵を渡すこと」だったのです。
わたしはその条件を固辞し続けましたが、親としては当然のことといった感じで決して譲りません。ひとたび合鍵を渡せば、わたしの居る居ないに関わらず、それこそ二週間に一回はわたしのアパートを訪問するに違いないのがわたしの両親です。もしそうなったらひとり暮らしの意味がありません。

わたしは親に合鍵を渡したくないんです。なんとかそれを親に納得させる方法はないでしょうか。本当に困っています。