カギ穴にスプレーを使ったら、余計に使いづらくなった。

カギとカギ穴はピッタリと合うことで機能します。ところが経年劣化によって双方に歪みが生じてくると、カギがうまく動かなくなることがあります。そうした場合、カギを錠前の両方のメンテナンスが必要になります。

カギのメンテナンスは単純で、ゴミが付着や歪みが生じていないかを確認することです。汚れについては綺麗に洗ってあげることで大部分のトラブルが解消されますが、歪んでいる場合は交換修理をしたほうが無難です。一度歪んだカギを完全に元の形状に戻すことは素人では不可能ですし、仮に戻せたとしても確実に不要なテンションがかかり、金属疲労が促進されている可能性が高いからです。カギそのものに対する最も確実なメンテナンスは専用の潤滑剤使用することですが、この潤滑剤が鉛筆の芯で代用することが可能です。特に濃いめの鉛筆でカギのくぼみに芯を塗り込むことができれば、かなりのケース状況が改善します。そしてこれはカギというよりもシリンダー内部、つまり鍵穴のメンテナンスという意味合いが強くなります。

その鍵穴のメンテナンスは、カギそのものと違って少々厄介です。まず簡単にはクリーニングできない構造の鍵穴ですが、たとえば外扉のものは風雨にさらされている場合が多く、ゴミなどが溜まっている場合が多く見受けられます。これらを取り出すと間に最も有効な手段のひとつは掃除機です。ピンセットなどを駆使してもなかなか除去できないゴミを、掃除機を使って吸い出すというわけです。これはかなり効果的なのですが、長期間経過してこびり付いてしまった汚れはそうもいきません。

ここで安易にやってはいけない対処法は、市販の潤滑油などを鍵穴に吹き付けることです。潤滑油は一時的にシリンダーの回転を復活させることがありますが、その後内部のチリと混ざり合ってさらにカギの動作を阻害するようになります。そうなってしまったら、もはや錠前の分解清掃を行うしかなくなるのです。